子ども空手 × 杉並区荻窪体育館

空手のメリット、デメリット

空手は、とっつきにくく敷居が高い、コワいイメージもありますが、ほとんどの道場が新しい入門者の受入れに積極的でコワくもないはずです

 

道場ごとのちがいが小さくないことや先生方のクセが強いなどのデメリットもありますが、以下のような3つのメリットもあります

 

いろんな道場がたくさんあるので、探せば自分に合うところがあるはずです。多くの道場で見学ができます。空手に興味があったら、ぜひ一度どこかの道場を訪ねてみてください

 

1. 意外に少ないケガ

空手でケガがまったくないということはありませんが、公益財団法人スポーツ安全協会のスポーツ安全協会要覧2016-2017の7ページ「種目別事故発生状況」では、1位 アメリカンフットボール、2位 ドッジボール、3位 ラグビー、4位 柔道、5位 レスリング とつづき、22位に学童保育があり、空手は26位で傷害発生率も1.36%です

 

2. 自分のペースでやれる

たいていはレギュラーや補欠などの区別がないので、運動が苦手でも自分のペースで空手ができます。昇級や試合にこだわらず、他人と比べなければ楽しくできるはずです

 

3. あまりかからない用具代

はじめは道着だけで出来る道場がたくさんあります。道着を道場で指定されることもありますが、入門時は1万円くらいで3年くらいは使えるはずです

 

 

link